認知症の予防 食事 鍼灸

NHKためしてガッテンより

アミロイドβの排出! 寝るとアミロイドβを脳から洗い流す能力が高まることがわかってきました。つまり、睡眠時間は脳にとって大事な“クリーニングタイム”ということ。適切な睡眠時間を確保 すること。

〇脳の神経細胞を活性化する

  1. 有酸素運動 ― 有酸素運動をすることで、神経細胞を活性化するホルモンが分泌されることやアミロイドβを分解する酵素を増やすことが期待できます。
  2. コミュニケーション ― 他人と会話をすることは脳を活性化させると言われています。特定の人と同じような会話をするよりも色んな人と出会って新鮮な会話をするとより効果的です。
  3. 知的活動 ― 頭を使いながら指先を動かすことを知的活動といい、これも神経細胞を活性化するのによいとされています。具体的には、囲碁や将棋、裁縫などがあげられます

食事で予防が可能

全15項目のうち9項目以上を達成できていた人は、5項目以下だった人たちに比べアルツハイマー病の発症が53%も低いという結果

《積極的に取る(かっこ内程度)とよい食材》
・緑黄色野菜(週6日以上) 

・その他の野菜(1日1回以上) 

・ナッツ類(週5回以上) 

・ベリー類(週2回以上) 

・豆類(週3回以上) 

・全粒穀物(1日に3回以上)

・魚(なるべく多く)

・鶏肉(週2回以上) 

・オリーブオイル(優先して使う) 

・ワイン(1日グラス1杯まで)

《控えた方(かっこ内程度)がよい食材》
・赤身の肉(週4回以下) 

・バター(なるべく少なく) 

・チーズ(週1回以下) 

・お菓子(週5回以下) 

・ファストフード(週1回以下)

日本人では 脳の血管をしなやかにキープするため減塩が大切だと考え る

灸治療は認知症予防によく効く

睡眠がとれない人には良く効きます。すっきりとします。手足の痛い方は運動するのが億劫になります。それを解消しなければ。食欲がなければよい食材を食べても身になりません。姿勢が悪いと肩こりし頭が重くなります。それらを解消するだけでも進行を抑えることも可能です。

副作用もなく脳循環を良くし、血管力をつける鍼灸。不安に感じている方はご相談ください。

まずはお気軽にお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

鍼灸師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師 木更津市にて鍼灸木更津杏林堂を開業しています。開業して38年立ちました。現在は息子も資格を取り週2回診療にあたっています。