「脳科学の進歩とパーキンソン病」

7月7日東京にて「脳科学の進歩とパーキンソン病」と題して日本鍼灸神経科学学会の定期集会が開催されます。 当院からも一般演題にエントリーしております。

軽度の内から鍼灸治療に併せて運動療法を併せて行った方が筋力を維持出来て進行が遅くなる。という発表もあります。

まずはお気軽にお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

鍼灸師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師 木更津市にて鍼灸木更津杏林堂を開業しています。開業して38年立ちました。現在は息子も資格を取り週2回診療にあたっています。