男性不妊;鍼灸により精液は増える

これからは、男性不妊の治療をする時代ですが、正式な研究はありませんでした。

先日の鍼灸学会で私の右隣で発表していた先生の学会抄録内容が発表され評価を受けていました。
男性不妊の研究は今までなく、今後は35歳くらいの年代の方を調査研究した発表を望んでいるとお伝えしました。

鍼灸治療をする前に精液を採取し、治療を1週間に一度行い3か月後にまた、成績を採取した。治療穴は腰臀部に数点。置鍼をし電気刺激を行う。その結果は数が増え、運動率が上がった。

これからは”夫婦で鍼灸を”ですね。

———————————–
「SR鍼灸 烏丸」を開院させ、男性不妊症患者への施術を行っている明治国際医療大学はり・きゅう学講座と京都府立医科大学泌尿器科学教室の共同研究で、鍼治療により精液所見の改善が確認され、「日本アンドロロジー学会第37回学術大会(2018年6月15日 於:ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン)」で発表されました。

※なお、この演題は学会賞候補演題に選出されています。

鍼治療前後の精液所見の変化量

【研究の背景】

近年本邦では少子化が問題となっていますが、不妊症カップルは増加しているため、改善が急務とされています。WHOの調査により、不妊症の約半数は男性の問題であると判明しましたが、男性不妊症の約8割が造精機能障害であり、その半数以上は原因不明で治療法が確立されていません。これらのことより、精液所見を改善させる新たな治療法が求められています。

※造精機能障害:精子を造る機能に異常がある状態

【研究概要】

成人男性(24名)を対象として、鍼治療が精液所見に及ぼす影響を検討したところ、精巣の血液循環と前立腺機能が向上することで、精子数の増加と精子運動率の上昇が認められました。また、乏精子症と乏精子症・精子無力症の併発症例では、鍼治療により精液所見が正常値に改善されました。

※ 乏精子症:精子の数が少ない状態

精子無力症:精子の動きが悪い状態

乏精子症と精子無力症の併発症例:精子の数が少なく、また少ない精子の動きも悪い状態

【臨床応用】

同研究グループは、この研究成果を臨床応用するため、京都市中京区に「SR鍼灸 烏丸」を開院させ、男性不妊症患者への施術を行っています。また、鍼灸は女性の不妊症にも有効であると報告されているため、同院では夫婦をともにケアすることを理念として、病院やクリニックと連携する生殖統合医療を推し進めることで不妊治療の成功率を上昇させる取り組みが行われています。今後、更なる検討が必要ではありますが、不妊治療に鍼灸を用いることは有用であると考えられます。

まずはお気軽にお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

鍼灸師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師 木更津市にて鍼灸木更津杏林堂を開業しています。開業して38年立ちました。現在は息子も資格を取り週2回診療にあたっています。