鍼灸木更津杏林堂 Since1911 Jsam認定鍼灸師

MAP








〒292−0805
木更津市大和2-12-8


(予約受付)日祭日休診
0438−23−0366
院長プロフィール
取材



2005年2月号鍼灸名人に掲載

2009年1月号医道の日本誌に掲載

2013年12月号家庭画報掲載

FAQ(よくある質問と回答)

メインページ »» 院長経歴STAFF紹介

目次


院長プロフィール
木更津杏林堂 院長 金井正博


  
  家庭画報全国鍼灸名人35名に選ばれる

  全日本鍼灸学会認定242号 
  全日本鍼灸学会常務理事
  日本伝統鍼灸学会常務理事
 千葉鍼灸学会相談役

経歴

昭和26年富津市山中に生まれる。

長狭町立大山中学校卒業
県立長狭高校を卒業後、
日本鍼灸理療専門学校卒業(鍼灸の名門である花田学園)
日本柔道整復専門学校卒業
城西放射線専門学校卒業

国家試験合格 (鍼師・きゅう師・柔道整復師・診療放射線技師)

昭和47年 赤坂杏林堂 http://www.kyorindo.com
、昭和の名人と謳われた小川晴通先生の下(赤坂杏林堂)で6年間修行する。経絡治療を中心とした古典的な治療法を学ぶ。日本でも有数の患者数を誇り、各界の有名人が押し寄せる。
現院長、小川卓良先生(新宿杏林堂)は全日本鍼灸学会副会長を勤められ、私の上司でもあります。私と共に「がんと鍼灸」のコーディネーターをしている。

昭和53年 仲野整体整骨本院 http://www.nakanoth.com
、カイロプラクティック、整骨学、経営学を学ぶため三重県四日市の仲野彌太郎・彌和先生(仲野整体整骨本院)の下で2年間師事。院長彌和先生は現在、日本鍼灸師会副会長をしている。最近は東京青山分院、ニューヨーク分院を開設し日本の鍼灸とカイロプラクティックを融合させた第一人者として知られている。

昭和55年
木更津市大和2丁目ヤマトハイツにて木更津杏林堂を開業(すぐ近く)
平成13年1月 
現在地(大和2-12-8)木更津杏林堂を新築移転開業する。

平成7年から13年2月まで
金井鍼灸療院にて診療
祖父・母2代に渡り安房岩井駅前にて診療100年。平成7年より母は病気療養中につき、代わりに週1回、5年間診療に当たる。
13年2月に木更津の治療室を新築したのを契機に閉院し、木更津杏林堂に統合。

(社)全日本鍼灸学会会員 日本伝統鍼灸学会会員 千葉鍼灸学会会員 日本鍼灸師会会員 千葉県鍼灸師会会員

全日本鍼灸学会認定242号
院長経歴
役員暦

昭和56年 杏林会幹事
昭和58年 (社)全日本鍼灸学会千葉地方会庶務会計
昭和61年 (社)千葉県鍼灸師会理事
平成7年  (社)全日本鍼灸学会千葉地方会副会長
平成8年  日本伝統鍼灸学会理事(現職)
平成13年 (社)全日本鍼灸学会千葉地方会会長
平成14年 (社)全日本鍼灸学会関東甲信越支部副支部長
平成16年 (社)全日本鍼灸学会本部理事
平成17年 (社)全日本鍼灸学会常務理事(広報部長)(現職)
平成17年 千葉鍼灸学会相談役(現職)
研究歴

1. 「脳活動と鍼灸」について
千葉大学 フロンティアメディカル工学研究開発センター脳機能計測解析研究部門
下山一郎教授と共同研究 http://www.cfme.chiba-u.jp/~shimoyama/

2.「がんと鍼灸」のコーディネータ
2000年より全日本鍼灸学会の活動としてシンポジウムを開催。現在まで4回行い好評である。

3.「パーキンソン病の鍼灸治療」臨床研究
新鎌ヶ谷病院難病センター所長、湯浅龍彦先生と、鍼灸治療を併用したパーキンソン病の治療について共同研究。鎌ヶ谷総合病院にて研修。結果について学会に3回発表。

学会開催経歴(今まで私が開催に係った大会)


・昭和63  第25回日本鍼灸師会青年部全国集会in千葉 実行委員長
 会場:成田ビューホテル 全国より250名の参加 

・平成2年  第10回全日本鍼灸学会関東甲信越支部学術集会事務局長
  会場:千葉市文化センター 170名の参加

・平成9年  第46回(社)全日本鍼灸学会学術大会(東京大会)財務副部長
 会場:東京ビックサイト会議ホール 2100名の参加 

・平成13  第20回全日本鍼灸学会関東甲信越支部学術集会実行委員長
 会場:タワーホール船堀 テーマ「がんと鍼灸」を業界としては始めて
 掲げ大変盛況であった。参加300名

・平成16年 第53回全日本鍼灸学会学術大会実行委員長
 鍼灸医学フォーラム同時開催(日本鍼灸師会主催)
 幕張メッセ国際会議場  参加3280名(過去最高)
 テーマ「生活の中に鍼灸を」 
 シンポジウム「癌と鍼灸」の司会 「脳活動と鍼灸」を進める

・平成17年度 日本伝統鍼灸学会東京大会 広報担当
  会場:タワーホール船堀 参加700名

・平成18年度 関東甲信越支部学術集会 木更津大会
  会場:アカデミアホール 参加240名
 一泊で行われた学術集会はこれが最後となった。
 臨床家も積極的に臨床研究に参加すべきであり質の高い症例報告
はエビデンスとしても認められる。

・平成18年度 第1回鍼灸国際シンポジウム 広報担当
  会場:京都ぱるるプラザ 国内外より参加250名
 テーマは膝関節の鍼灸EBM」であり、ドイツで行われた大規模な臨床研究を
元に世界各国から7人の演者が発表した。

・平成21年度 第2回鍼灸国際シンポジウム 広報担当
  会場:埼玉県大宮市ソニックシティー中ホール 国内外より参加300名
 テーマは「腰痛のエビデンス」 世界6カ国より演者が招かれる。

・平成22年度 関東支部学術集会
  会場:千葉市文化センター 参加者約250名

・平成23年度 第60回全日本鍼灸学会つくば大会実行委員 (平成23年度予定)
  会場:茨城県つくば市つくば国際会議場

・平成24年度 第61回全日本鍼灸学会三重大会実行委員


以上
STFF(植松美佐江)
受付と事務をしており、以前医療機関に勤めていた経験を生かし、患者様の悩みを聞いてあげたり、動きの悪い方には衣服の着脱をお手伝いしたり、歩くのに手を貸したりしています。顔をみただけで和むという方もおります。【失礼な】
 私も鍼灸治療が大好きで元患者です。家から歩いて通勤しており、時々子供が学校帰りに仕事ぶりを見に来ます。これでは手も抜けません。
STAFF(金井真由美)
勤続30年のベテランです。院長の管理をしています。
主に経理と広報を担当しており、時々、受付の手伝いやベットサイドのお手伝いをします。私の健康管理は鍼灸治療です。後はウオーキングを時々します。
趣味は日本画を書く事と英語、UFOです。
宜しく御願いたします。
STAFF(伊藤松美)
この度お仕事をすることになりました、伊藤松美です。以前も医療機関で事務の仕事をしており、この仕事に興味があり応募しました。
バレーボールが趣味でクラブチームでも活躍していたんです。スパイクも打てるんです。
ゴルフも好きで何度かグリーンに行っていました。スコアーは聞かないでください。
運動好きの人と話が合うかもしれません。よろしくお願い致します。
写真
STAFF(金井友佑)
今年日本鍼灸理療学校3年生です。夜の学校に通い、昼間は家で仕事をしています。
主にお灸の実習とベット管理です。

金曜日は鎌ヶ谷総合病院でパーキンソン病のお勉強です。湯浅ドクターのお手伝いもしております。

趣味はダンスです。弓道は高校、大学とやっており二段です。的にうまく当たるか心配ですが。
STFF(岩真紀)
平成26年にはり師きゅう師の国家資格に合格しました。住まいは東京杉並です。現在、火曜日と金曜日に勤務しております。
私の専門職はボイストレーナーであり、東京杉並で活動しております。日本でも珍しい、腹式呼吸と口腔ケアーを併せた鍼灸治療を目指しております。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。