2017年10月

過呼吸発作の女性 対処法は

過呼吸発作の女性がみえました。昨夜から工合が悪く何度か起こしていたようでした。治療を始めようとベットに横になると急に発作が始まりました。

この時とった対処法は
1.まず、座らせて 大丈夫と声をかけた。(苦しそうにしていた)

2.その後、息を吐くように指示をする。

3.近くにあった袋を口に当て息を吐くように。(袋を口に持っていき最初吐こうとしてうまく行かなかったが3回ほど吐いてその後吸い込んでいたが)

4.その後落ち着いてきたので袋をすぐに取りゆっくりと2回ほど吐いてほとんど納まる。(1分間くらいだったか)

その後自律神経が安定するように鍼治療をする。

彼女に何か不安があるのか聞いてみた。
病院の先生(心療内科)とお薬のことで行き違いが有り不安が募った。

やはり精神が不安定になると起こりやすいのですね。

今までに数人経験があったのであわてないで対処できたが、初めて遭遇すると慌ててしまう。先生が慌てると患者さんは不安になり余計呼吸が苦しくなる。

ただ、袋を口にするのは長い時間するのは危険ですからその旨伝えておいたほうが良いでしょう。


過換気症候群【過呼吸】

呼吸が速く浅くなって、空気を吸い込みすぎる状態になり、血液中の二酸化炭素が少なくなって起こります。
呼吸をしているのに空気が吸い込めないと感じて、「このまま死ぬのでは…」といった恐怖にかられます。

程度が強くなると手足や唇の痺れや呼吸困難、頭のふらつき、息苦しさ、眠気、激しい耳鳴りや悪寒をきたす。


傾向として、男性よりも女性、しかも若い世代に多く見られますが、これが直接的に命にかかわることはありません。

日本医師会HPより