個別表示

妊娠の兆候と鍼灸治療について

本日、奥さんが妊娠していることがわかり鍼灸をしても大丈夫か?という質問がありました。

鍼灸治療により黄体ホルモンの働きが維持されます。、基礎体温を高温期にすることで妊娠を維持することや、体内に水分を貯留して様々な器官に浮腫を起こすことなどがあります

また、つわりの症状も軽減されますから安心してください。

末期には浮腫も出てきます。腰が痛くなり肩こりに悩まされる方も多いです。風邪をひくことも多くみられます。

これらは鍼灸治療で取り除くことが可能です。

お産の時にはほとんどの方が安産になります。
1時間45分で出産した方もいます。

安心して鍼灸治療を受けてください。





妊娠しているのかの判断は

1.基礎体温が高い時期、もしくは微熱が3週間以上続くこと。

2.乳房が張ったり、乳首が敏感になりチクチクとした痛みを感じます。

3.しっかり睡眠時間をとっているのに眠気が強い。

4.風邪の初期症状に似た怠さがあることや、やる気が出ない。

5.些細なことでイライラしたり、落ち込みやすくなるなど、情緒不安定になりやすくなる。

6.夜中の頻尿の増加やトイレが近くなる、便秘になる。

7.吐き気や胃のムカつき、頭痛、めまいなどのつわり症状があります。早い人だと生理の予定日の1〜2週間前から生じます。


生理前症状(PMS)の見分け方を知りたい!!妊娠初期症状と生理前症状の違いは、いつもより症状が重く感じられること、3週間以上ほど症状が長期間続いていることなどがあります。