コメント一覧

突発性難聴に鍼灸

アップロードファイル 82KBアップロードファイル 17KB

本日 久しぶりにお見えになった患者さん
症状は突発性難聴で右の耳が聞こえが悪くなった。
耳鼻科に行くもステロイドの投与、少し聞こえるようになったが、薬のせいか太ってきてしまった。

これは鍼灸が一番と来院されました。

みてみると、右の肩より後頚部が張っており、右の腰部も張りがあった。左ひざが屈曲時に痛みがあった。
ということは右膝に体重をかけており左腰に負担がかかり右後頚部に頭の負担がかかり結果として難聴になったのではないか。

体重を下げるように、全身の体操を指導し肩こりがなくなるように腎虚証で治療をする。

帰るときには右の耳のあたりの張りが取れて軽くなってきた。


次の患者さんも先日突発性難聴と診断された40歳代後半の女性。少し風邪気味で鼻が詰まりぎみ。左肩こり、後頚部の痛み。

3日後来院
肩こりが軽くなり、耳は聞こえるようになった。
「こんなことなら早く来ればよかった。耳だけ治療しても駄目ですね。全身のバランスがくずれて耳に来るんですね。」と話していました。

投稿フォーム
名前

ご注意! スパム対策のため、半角スペースを禁止キーワードに指定しております。
半角スペースを使うと、“『 』は使用禁止ワードです。 ”とエラー表示されます。

 
本文
アイコン
アイコン一覧
本文の色
削除キー