これは今まで書いていたブログです

今まで書いたブログはどこに行ったのだろう

探し当てました。

面白いことが書いてあるから読んでください。

私もこれに書き溜めたり、新聞記事の切り抜きをしていたんです。講演の際は何かしゃべるときは出所をはっきりとしないと信用されません。新聞や本の引用が多いですね。最近はデータベースからも多いです。

http://www.kisaradu.com/diary/diary.cgi

だから鍼灸の学会にて一般演題に発表したものでも検索に引っかかるようにしないといけないですね。では

男性不妊;鍼灸により精液は増える

これからは、男性不妊の治療をする時代ですが、正式な研究はありませんでした。

先日の鍼灸学会で私の右隣で発表していた先生の学会抄録内容が発表され評価を受けていました。
男性不妊の研究は今までなく、今後は35歳くらいの年代の方を調査研究した発表を望んでいるとお伝えしました。

鍼灸治療をする前に精液を採取し、治療を1週間に一度行い3か月後にまた、成績を採取した。治療穴は腰臀部に数点。置鍼をし電気刺激を行う。その結果は数が増え、運動率が上がった。

これからは”夫婦で鍼灸を”ですね。

———————————–
「SR鍼灸 烏丸」を開院させ、男性不妊症患者への施術を行っている明治国際医療大学はり・きゅう学講座と京都府立医科大学泌尿器科学教室の共同研究で、鍼治療により精液所見の改善が確認され、「日本アンドロロジー学会第37回学術大会(2018年6月15日 於:ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン)」で発表されました。

※なお、この演題は学会賞候補演題に選出されています。

鍼治療前後の精液所見の変化量

【研究の背景】

近年本邦では少子化が問題となっていますが、不妊症カップルは増加しているため、改善が急務とされています。WHOの調査により、不妊症の約半数は男性の問題であると判明しましたが、男性不妊症の約8割が造精機能障害であり、その半数以上は原因不明で治療法が確立されていません。これらのことより、精液所見を改善させる新たな治療法が求められています。

※造精機能障害:精子を造る機能に異常がある状態

【研究概要】

成人男性(24名)を対象として、鍼治療が精液所見に及ぼす影響を検討したところ、精巣の血液循環と前立腺機能が向上することで、精子数の増加と精子運動率の上昇が認められました。また、乏精子症と乏精子症・精子無力症の併発症例では、鍼治療により精液所見が正常値に改善されました。

※ 乏精子症:精子の数が少ない状態

精子無力症:精子の動きが悪い状態

乏精子症と精子無力症の併発症例:精子の数が少なく、また少ない精子の動きも悪い状態

【臨床応用】

同研究グループは、この研究成果を臨床応用するため、京都市中京区に「SR鍼灸 烏丸」を開院させ、男性不妊症患者への施術を行っています。また、鍼灸は女性の不妊症にも有効であると報告されているため、同院では夫婦をともにケアすることを理念として、病院やクリニックと連携する生殖統合医療を推し進めることで不妊治療の成功率を上昇させる取り組みが行われています。今後、更なる検討が必要ではありますが、不妊治療に鍼灸を用いることは有用であると考えられます。

健康講座開催のお知らせ

鎌足公民館主催の健康講座に講師として依頼を受けました。
昨年に続き2回目ですが内容を少し変更して臨みます。
興味のある方は鎌足公民館にお尋ねください。

 

1    講義内容

 

 

日    時 内                    容
6/15(金)

19:00~20:30

パーキンソン病の初期症状にいかにして早く気づくか!
6/29(金)

19:00~20:30

ツボを活用した生活習慣病予防 

高血圧、糖尿病、がん-

7/13(金)

19:00~20:30

ツボを活用した認知症予防 

-便秘、嗅覚、運動の改善

7/27(金)

19:00~20:30

ツボを活用した疲労や風邪、花粉症、胃腸病などの予防
8/17(金)

19:00~20:30

ツボを活用した転倒予防 

-姿勢保持、膝痛、腰痛-

※各回ともツボを取り簡単に行うお灸、指圧法と体操法などを体験しますので、膝まで上がる服装でご参加ください。

講    師;金井正博先生

木更津杏林堂院長、(公社)全日本鍼灸学会参与、日本鍼灸神経科学会相談役。

3代にわたる鍼灸家で、家庭画報全国鍼灸名人 35 名に選ばれる。木更津開業 35 年、

述べ 30 万人の診療をしてきた。

「がんと鍼灸」コーディネーター、パーキンソン病や癌と鍼灸の臨床が専門。

3    開催場所;木更津市立鎌足公民館    1階    和室

4    募集人数;各回15名(先着順)

5    申込み;鎌足公民館(0438-52-3111)      メール;kamatari-k@city.kisarazu.lg.jp

不妊・逆子・安産

★ ★  不妊・逆子・安産★ ★

不妊治療は妊娠率50%出産率95%/23名/年 冷えを防ぎ、ホルモンの状態改善し、基礎体温の2層化を目指し、自然な状態で妊娠を促します。自宅灸の指導を足三陰交、芙蓉の灸に行なう。

逆子の方や安産を求め治療している方が多数おられる。安産(90%改善)には足三陰交の灸、逆子(70%改善)は至陰の灸をすることで有効である。中には予定日を過ぎても産気ずかなくて来院する方もいる。

元々は冷え性が原因であるから、ホルモンバランスが良くなるような治療をすれば改善できる。

パーキンソン病初め難病に鍼灸を

★ ★ パーキンソン病初め難病に鍼灸を

パーキンソン患者さんの術後の歩行状態を調べたところ90%の方は改善がみられた。この結果は早期認知症学会、全日本鍼灸学会、日本伝統鍼灸学会に発表しています。

自律神経の症状は鍼灸の得意とするところでもあり不眠や夜間尿、便秘、多汗などの症状は効果が見られる。薬に鍼灸を併せた方が薬の量も減り副作用も軽減できるようだ。ぜひお勧めしたい。

又、ムクナ豆の食用指導を行っております。

ムクナ豆は大変良く効きますが、L-DOPA製剤を服用している方は注意が必要です。(病院の先生は基本的に薬を第一に考えます)まづ、始める前にご連絡ください。

交通事故の後遺症に

★交通事故自賠責保険適応

開院以来、数多くの患者様が来院されております。

検査にしたがい、当院は痛みの治療を行います。鍼灸はダイレクトに患部治療ができますからよく効きます。

事故の後の自律神経障害、不眠症、頭痛、イライラなど精神的なケアーまで行っていることが他院との違いでしょう。

原則的に通院時費用負担はありません。

診断書を発行します。交通費等も保険から

保険会社には患者様より整骨院で鍼灸をとお申し出ください。