ご挨拶

杏林の会の前身「杏林会」が始まったのは1988年(昭和63年)3月熱海の“さくらや”での開催でした。杏林堂現スタッフと晴通先生の弟子関係がメンバーとしての構成です。以来毎年晴通先生の誕生日近くに合わせて温泉地での開催と、秋に勉強会をかねての開催と、晴通先生の亡くなる前年の1998年まで、16回開催されました。

晴通先生の何事にも前向きな姿勢はこの「杏林会」にも表われていました。1991年に口腔がんの手術をされた年の秋に叙勲を受け、その祝賀会の後にも「杏林会」を開き、咀嚼や嚥下が困難なのにもかかわらず、弟子達のための「杏林会」をずっと続けられました。

晴通先生がお亡くなりになって後、しのぶ会開催の後、「杏林会」を解散して、新たに「杏林の会」として弟子仲間での動向の連絡を続けていくことになった次第です。

晴通先生の前向きな姿勢は、私が赤坂の杏林堂に在院していた時にも随所にかいま見られました。例えば、眼疾患に対して上眼瞼部に刺鍼する際にはごく細い毛鍼を用いていたのですが、晴通先生が中国視察から戻ると、すぐに中国鍼を用いるようになりました。こんなところにも、良いと思ったら迷うことなく進めていくという前向きな姿勢がうかがえられました。

晴通先生の経絡治療における本治法は片側治療が基本でした。必ずお線香で(これが絶対断面の四角い「松竹梅」の線香でした)左右の足の井穴の知熱感度を測り、右か左かを決める目安にしていました。晴通先生のことについてのお話はいろいろありますが、古いお弟子さん達は次第にお亡くなりになり、年月とともに晴通先生のことを知っている人がいなくなっていくのは寂しいことでございます。

世の習わし、「行く川の流れは絶えずして・・・久しくとどまるところなし」というわけですので致し方のないことです。金井先生によって少しでも晴通先生の記憶が残されることを願ってやみません。

杏林の会 会長  鍼専門治療院杏林堂 土屋二郎

杏林会開催変遷杏林会開催変遷

西暦 年号 日付 場所
1988 昭和63年 3月20~21日 熱海  さくらや熱海
1989 平成1年 2017/03/04 赤坂  真帆しぶきの店赤坂
1990 2年 2月11~12日 熱海  後楽園ホテル熱海
1991 3年 1月末 手術 国立がんセンター
1991 3年 2017/09/22 東京 椿山荘  叙勲祝賀会東京
1992 4年 4月11~12日 熱海  グランドホテル熱海
1992 4年 2017/11/03 赤坂  杏林堂赤坂
1993 5年 3月6~7日 箱根  南風荘箱根
1993 5年 2017/11/03 上尾  ジュディ宅上尾
1994 6年 3月5~6日 熱海  池田屋熱海
1994 6年 2017/11/03 東京  衛生学園東京
1995 7年 3月5~6日 厚木  七沢温泉厚木
1995 7年 2017/11/03 木更津 杏林堂木更津
1996 8年 3月10~11日 湯河原 大野屋ホテル湯河原
1997 9年 6月7~8日 全日本鍼灸学会  東京ビックサイト
1998 10年 2017/04/11 恵比寿 東天紅(ガーデンプレイスタワー39F)
1999 11年 2017/07/11 小川晴通先生 ご逝去
1999 11年 2017/07/14 小川晴通 先生 告別式
2005 17年 2017/07/03 小川晴通先生をしのぶ会
東京 アルカディア市ヶ谷

まずはお気軽にお問い合わせください