パーキンソン病初め難病に鍼灸を

★ ★ パーキンソン病初め難病に鍼灸を

パーキンソン患者さんの術後の歩行状態を調べたところ90%の方は改善がみられた。この結果は早期認知症学会、全日本鍼灸学会、日本伝統鍼灸学会に発表しています。

自律神経の症状は鍼灸の得意とするところでもあり不眠や夜間尿、便秘、多汗などの症状は効果が見られる。薬に鍼灸を併せた方が薬の量も減り副作用も軽減できるようだ。ぜひお勧めしたい。

又、ムクナ豆の食用指導を行っております。

ムクナ豆は大変良く効きますが、L-DOPA製剤を服用している方は注意が必要です。(病院の先生は基本的に薬を第一に考えます)まづ、始める前にご連絡ください。

投稿者: kanai

鍼灸師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師 木更津市にて鍼灸木更津杏林堂を開業しています。開業して38年立ちました。現在は息子も資格を取り週2回診療にあたっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です